google-site-verification=uTAxz68fK1ky7qw_ctLQPCBK_T6KHnY9C2RYPMDKxVM

pikapikapi_artのブログ

生き物でいやされたいから

みないでくだサイ

そわそわ サイがうろうろしている。 隠れたいのかな? そして壁にオシリヲ向け、あるものを出す。 トイレを我慢していたのかも。 一生懸命、足で土をかけ出したものを隠そうとする。 今日も迷惑な客人になってしまった。 動き回る理由 同じ場所を行ったり来…

ニジキジのような未来的な服

メタリックな装い カメラに収まりきれないほどの輝きがニジキジにはあります。 光の反射が目に刺さるようです。 光の揺らめきは見ごたえあります。 さながらファッションショーのようです。 金属光沢に包まれる 虹色に光るキレイな服なんてあるわけないよな…

シロクマは腹が減っている。それとも好奇心?

なぜ歩き回る? 動物園で同じところをグルグル歩き回るシロクマを見たことがあります。 遊びだとしてもつまらない。ヒマつぶし?だと思っていました。 野生のシロクマ 北極で食べ物を手に入れるのは大変です。狩りをしても成功率は2%だそうです。 それでも…

東京探索それが私の仕事。そう考えるとラクダ

東京探検 東京で指示された場所に向かう中で たくさんの知らない人が通り過ぎる。 朝すれ違った人の顔なんて、だれも覚えていやしない。 でも通り過ぎた道は覚えている気がする。 覚えてないと迷うから••• 東京の町は、まだ慣れないけど、 ビルの間の小さな…

逆立ちで食べれる

頭を下にするか上にするか? 食事はリラックスして楽しみたいものです。 でも人間が逆立ちしていると重力の影響をモロに受けます。 とてもリラックス出来ないでしょう。 でも宇宙に行けば、どんな方向を向いていてもリラックスして食べれます。 宇宙で生活す…

肉に夢中!トラは美食家。私は焼肉パラダイス

無駄なく よく噛んでシャブって、一切れも無駄にはしません。 トラが長い時間をかけて、肉を味わっていました。 テレビのコマーシャルを見ているような気分になります。 美味しそうに食べてくれると、見てる方も食べたくなります。 肉と言えば、焼肉。 我が…

鼻の大きさで人生変わるテングザル

鼻言葉 鼻が高いという言葉があった気がします。 誇らしいとか自慢げな様子だったり、文字通り鼻筋が高いことを指します。 動物の鼻 ゾウや豚の鼻を比べてみても、それぞれ生活環境に合わせて形や長さが違います。 鼻で物をつかんだり、鼻で地中の食べ物を探…

モウコノウマのサッカー

とにかくケリます。 モヒカンのような頭でテンポよくボールを突きます。 ゴールはあるのでしょうか。 華麗なドリブル ボールを一回蹴って終わりではありません。 すぐ追いかけて、続けて蹴ります。 どこまで蹴り続けられるかチャレンジしてるようです。 でも…

美味しい部分を食べるコアラ

おいしいユーカリを選んでいる。 多摩動物園のコアラには8種類のユーカリが与えられているそうです。 いつも同じものばかり食べているわけではないようです。 よく寝てる。 ナマケモノのようなな生活スタイルになっているかもしれません。 一日20時間の睡…

竹をポキポキパンダ

葉っぱだけじゃない まさか太い幹も噛み砕いて食べるとは知りませんでした。 口に竹を挟み、軽々噛み砕きます。 ポキポキ・・・ 竹は、パンダにとってのポッキーなのかもしれません。 スナック菓子が止まらない人 ポテチでも、ポッキーでも、リズミカルに口…

都会に住む森の人オランウータン

季節の変わり目はつらい あたたかさを感じ始める春ですが、急に冷える日もあります。 上着を持っていこうか迷う日もあります。 多摩動物公園のオランウータンはどんな対策をしているのでしょうか。 一枚はおれば 布が動いている?! オランウータン オランウ…

カンガルーとジャンプ

本気出せば カンガルーの最大飛距離は13mにもなるそうです。 でも・・ 実際には動物園で、そんな大ジャンプを目にすることはありません。 天敵がいないからです。 君たちになら勝てる 動物園のカンガルーに、そこまでのジャンプ力があるとは思えません。 …

子供の声が気になるチーター。仲間を呼ぶ

気になる音がする。 一匹のチーターが音の正体に気づきました。 遠足で来た小学生の歓声が聞こえてきます。 仲間を呼ぶ 二匹目、三匹目と柵の際まで近づいて、同じポーズをしています。 チーター2 三匹とも座り、頭を高い位置にあげ見ていました。 チーター…

ハシビロコウに学ぶ、それぞれのリズム。自由自在な初音ミクのリズム

リズム ハシビロコウのリズムはゆるやかです。 歩く時も、ゆっくり丁寧に足を置いていきます。 ハシビロコウのテンポは、見ていて心いやされます。 それぞれのリズム 人それぞれ、好みのリズムがあります。 だから、たくさんの名曲が作曲されてきたことと思…

キリンのシッポ

パタパタ キリンのシッポは、黒いヒモが束のように集まっています。 動物園で見るまで、その存在が謎でした。 私の考察を紹介します。 背中かゆい 私たちも背中がかゆい時、自然と手を伸ばします。 たいがい届きませんが、かゆみポイントを探るのには苦労し…

急斜面も岩場もヘッチャラ!ロッククライミングを楽しもう。カンムリキツネザル

駆け上がる喜びを 最後に上り下りをしたのはいつでしょうか。 小学校の時は、よく遊具やアスレッチックを楽しんだものです。 一生そんな生活をする生き物がいます。 マダガスカル出身のクライマーその名はカンムリキツネザルです。 なんのために上る けわし…

ハイエナの遊び噛めば噛むほど

かじるハイエナ ハイエナが何かをカジっています。 朝ご飯の残り骨をシャブっているのではありません。 あの砕けぐあい、間違いなく木の根っこです。 なぜ、食べれないものを噛んでいたのでしょうか。 私なりに考えてみました。 噛み力上げる訓練 噛むために…

日光浴は気持ちいい!ポーズを変えるとどんな気持ち?ワオキツネザル

日の光をあびて 日差しが気持ちいい 手のひらを開き、おなかを出し、なんなら足も広げます。 そんな全力で日光浴にのぞむ生き物がいます。 ワオキツネザルです。 そのポーズと言ったら・・ワ~オ! なんのポーズ? 始めて動物園で見たときは意味不明でした。…

カメのようにスローペース。マイペース

カメと散歩 やることが多い あれもこれもやらないと。 まるでウサギのように飛び跳ねまわっていないでしょうか。 そんなペースでは、いつか疲れ切ってカメに追い抜かされてしまうかもしれません。 優先順位 気になる気になります。それがウサギです。 絶対に…

不意打ちのことばかり考えるジャガー。不意打ちを楽しむ人間。

目立つから逃げるのよゆう ふいうちの魅力 ジャガーはそっと近づきます。 カピバラに気づかれないようにそっと。 ジャガーは強そうだし、そんなコソコソしなくてもいいような気がしますが、 不意打ちする理由を考えてみました。 体力温存 ケイドロとか鬼ごっ…

大きな目とジャンプ力はダテじゃない。メガネザルより

夜中の狩り 脳より大きな目 夜の虫取りは大変です。 でもメガネザルは夜活発に動きまわり、昆虫を捕まえます。 そのためには、暗闇でもハッキリ獲物をとらえる「大きな目がカギ」となります。 かわいい顔して虫食べる 狙いを定めたら、いきおいよくジャンプ…

ヤドカリの家探しと、くつ選び

ヤドカリのすみか 成長に合わせて ヤドカリは体の成長に合わせて、貝殻を交換していきます。 でも、どれでもいいわけではありません。 どうやって選ぶのでしょうか。 仲間の空家をもらう 他のヤドカリの空家をもらうことが出来ます。 空家を並べて、自分の体…

オレに近づくな!家族から離れて~ガオー

眠りからさめた ライオンが岩に上り、声高らかに吠えています。 さっきまで寝ていたのに。 なぜでしょう。 人集まりすぎ おとなりさんが騒がしくなってきました。 もうすぐ、子供チーターを見れる時間です。 となりのチーターエリアからあふれた客が、ライオ…

イボイノシシのエステ!!いやしのノミ採りコビトマングース。害虫なんて恐くない!

害虫さん、いらっしゃい ノミとり 害虫や寄生虫には苦労しますね。 でも、イボイノシシは解決方法を知っています。 こっちに来る イボイノシシがまっすぐ近づいています。 目的地はコビトマングースの家です。 家に体当たりでもしてくるのでしょうか。(ToT)/…

サボテンふくろう。かわいいだけじゃない

かわいいものにもトゲが似合う? サボテンの穴で過ごすフクロウが、たまらなくカワイかったです。 あのトゲトゲとした壁と、程よい高さがヒナたちを守っていたようです。 働く時間 日のあるうちは、サボテンの中にこもり顔を出していますが、夜は働きます。 …

一本足でバランスとれるのスゴすぎ!アフリカヘラサギ負けてたまるか

一本足で休んでいるのか、それともトレーニング 寒い冬の日のことです。 アフリカヘラサギが枝の上で静かにしていました。 しかも一本足で・・ 一本づつ交互に温めている? 雨の降る寒い冬の日、片方の手で傘をさし、 もう片方の手はポッケに突っ込み温めた…

ジャンボウサギのそばにいたいネザーランドドワーフ。サイズは関係ない!

朝はエサの時間 朝の動物園では、みんなエサ箱に夢中です。 お客がそばに通ろうが、たいして気にしません。 みんな、エサに夢中だと思っていました。一匹の小ウサギを見るまでは・・ 種類も大きさも違うけど ネザーランドドワーフがジャンボウサギたちに近づ…

これはサギです。私が出会ったのは詐欺師でした。

シラサギてレベルの詐欺じゃない シラサギという鳥はいないそうです。全身が白いサギ類全体を指してシラサギと呼ばれているようです。(身近な鳥の不思議 参照) 私が出会った詐欺師 サギの名前や種類の勘違い程度ならほほえましいものですが、詐欺のほうは…

カケッコにつられるチーター。「走れ!脂肪を燃やせ!食った分以上に動くんだ!」

チーターの子供たち 今日は、チーターの子供開放日。 意気揚々と、まずは高台へカケッコで登ってみます。 見守る私たちのことなど無視して、はやりの遊びが始まります。 本気か遊びか 誰かが走り始めると、6匹ほどの子供チーターがそれを追います。 まずは…

よく協力するサル。サル山は最高のコミュニティー

2人1組で毛づくろい 特に頭の後ろや、肩甲骨周りを念入りに手入れしているようでした。 なぜ相手のために、自分のエネルギーを差し出すのでしょうか。 しかも、気温3度を下回る冬にです。いくつか可能性を考えてみました。 おいしいから よく見ていると、…