google-site-verification=uTAxz68fK1ky7qw_ctLQPCBK_T6KHnY9C2RYPMDKxVM

pikapikapi_artのブログ

生き物でいやされたいから

日本を歩いたドードー

ドードー来日 ドードー巡り くちばしの大きな飛べない鳥 絵画や映画のモデルにもなったドードーは人気者です。 でも今は剥製や骨でしか確認できません。 そんなドードーですが、1647年日本に来たことがあるようです。 江戸時代初期のころ、オランダから…

赤ちゃんカンガルーを育てる

カンガルーのママに オーストラリアで カンガルーとの交通事故は珍しくありません。 カンガルーの標識まで作られています。 日本でいえば、逃げ遅れた猫やハトにあたるかもしれません。 そこで母親を失った赤ちゃんカンガルーが取り残されることがあります。…

ライオンを家で飼えたら?

毎日が動物園 ペットに 子供ライオンを見ているとペットにしたくなるかもしれません。 野生の習性の壁がなければ、一緒に過ごすことは可能なのかもしれません。 法律やお金の問題は無視して考えればですが。 ライオンの飼い方 「ライオンの飼い方」という本…

ハトの首振り

なぜ首を振る 首を振ると見える世界 ハトが首を振って歩く理由をご存知ですか? ハトはなぜ首を振って歩くのか真剣に研究している学者さんがいました。 藤田祐樹先生です。(ハトはなぜ首を振って歩くのか_参照) 私もこの本に出合うまで疑問のままでした。…

動物看護士は動物と話したい

動物の気持ちを理解してあげられる。 動物と話す 動物と話せたらいいのに・・。 ペットと過ごしたことがある人は考えたことがあるかもしれません。 動物看護士をする人はもっとそう思っていると思います。 恐がったり不安だったり動物にも感情があるように見…

ルールを守るハナグマの子

子供を守る ハナグマのシッポ 草原に目立つシッポが動いています。 「ここにいるよ!食べてもいいよ」と言っているような気がしました。 でもそのシッポの役目はビデオの後半で理解出来ました。 (ワイルド・ブラジル情熱の大陸_参照) 迷える子 森を始めて…

200メートルより深く潜るアザラシ

そこに食べ物があるから なぜ深く潜る? 太陽の光が海に溶け込む浅い所には、植物プランクトンも栄えオキアミがたくさんいるはずだと考えられてきました。 でも、アザラシにカメラをつけエサの分布を調べたところ、250メートル深くから、エサの分布が増え…

イッカクは伝説の生き物?

角をつきたて海を進む イッカクは水族館では見れません。 骨だったら国立科学博物館の哺乳類展などのイベント時に見れます。 国立科学博物館 National Museum of Nature and Science,Tokyo でも実際に北極圏でたくましく生きている姿はなかなか見れません。 …

高い所で寝る

木の上で寝る レッサーパンダが、自分の身長より何倍も高い所で寝ています。 枝に手足を絡め、アゴを木に乗せ気持ちよさそうです。 風通しもよく、快適そうです。 動物園で敵におそわれることは、まずありませんが安心感があるのでしょう。 夏の早朝の暖かな…

ビーバーに働いてもらえば

ビーバーの生活模様 動物園では コンクリートの巣穴に、一生懸命木の枝を押し込もうとしています。 穴が小さくて枝が入らなくても、あきらめません。 木が折れるまで格闘します。 巣穴に木を入れても、部屋は狭くなるだけです。 それはそれで、見ていてほほ…